ワークライフ・コラボの取り組み内容

学生スタッフによる ライフデザインプロジェクト

ワーコラでは、「次世代とのコラボ事業」を展開しています。

愛媛の大学生が地域と関わり、地域とつながり、地域を共に創っていきます!

大学生が子どもの学びの場を提供しています。

大人だけではなく、子どもも地域の中で学ぶことで、豊かな経験をしてほしい。
子どもたちが多様な体験を通して、大学生や異世代の子ども、地域の方と交流する場をつくっていきます。
講師役は大学生。大学で学んでいる専門教科などを、わかりやすく子どもたちに伝えます。
子どもたちは普段、接することのない大学生との交流、子ども同士で交流しつつ、コミュニケーション力を育みます。

講師のひとり、女子大生は「私は、子どものころ参加した科学教室がきっかけで、大学で理系へ進むようになった。

日常では体験できないこの講座で、新しいことにふれるきっかけをもってもらい、色んな体験を通じて、世の中には楽しいことがいっぱいあることを知ってほしい」と言います。

コミュニケーション力以外にも、自分の想いを伝える力、発信力が育まれるような、そんな講座を学生たちが創っていきます。

当日の様子は、ホームページをご覧ください。

DSC_0853

学生スタッフにインタビュー!

学生スタッフをやってよかったことは? 伊藤心さん(愛媛大学)
・大学では出会わない人(子どもやその保護者、子育てに関わっている人)との繋がりができた
・将来やりたいことが明確になった
・子どもたちとの関わり方を、実際のふれあい(講座)を通して学ぶことができた!

 

私たちが目指す3つのこと

①育ちあう
老若男女、子どもがいる・いないを問わず、「地域全体で」子育てをし、お互いに学び合うことのできる社会を目指していきます。
②分かち合う
多様な価値観があることを知り、お互いの存在を認め合いながら、自分らしさを大切にすることのできる、よりよい社会を目指します。
③創っていく
自らが率先して楽しみ、子どもたちが心豊かに幸せに、元気に暮らせる社会をつくり、地域全体を活性させていきます!

 

imageimage (1)

まちなかであそぼうチラシPDF

お申込みはこちら